おばけラララ お化け、ホラー、怖くて不思議なものならなんでもありの情報サイト
最終更新日 7/21/2007

これは便利!「おばララカレンダー」メール版配信します。ご希望の方は、メールアドレスをお送りください。


  おばララインタビュー 第1回

ゆうれい居酒屋「遊麗」 まりも幽霊さん

「おばララインタビュー」一回目は、幽霊が幽霊に質問、という不思議な内容になりました。

居酒屋「遊麗」は、東京は武蔵野市、吉祥寺の駅から歩いて2分ほどの場所にある、おばララ的な居酒屋さんです。僕ももちづきりんも、ここのお店のファンなので、記念すべき最初のインタビューに、「遊麗」って、とてもうれしいです。

ムサイ男幽霊の僕とは多分ずいぶん違っているはずの、まりもさんの幽霊生活について詳しく聞いてみました。

僕も「台場怪奇学校」の店長として、お客さんと日々接する仕事なので特別気になるのですが、まりもさんをはじめとして、ここの幽霊さんたちは、本当に元気が良かったです。遊麗と言う名の霊界だからでしょうか、ここの幽霊さんと接するととても元気が出ます。こんなに薄暗いのに、とっても楽しい。普通の生活に飽きたアナタにおすすめです。

僕が「遊麗」へ行くのは、なぜかお天気の悪い日が多いです。気分が沈みがちな雨の日ですが、霊界は平日雨の日限定のイベントをやっています。たとえば、写真撮影。幽霊服と三角をつけて幽霊になりきり、黒枠つきの霊界写真を撮影します。次回49日以内に行くと、この写真をプレゼントしてくれるそうです。

まりもさんのお話の中に出てくる、お酒のロシアンルーレットもあります。幽霊増殖薬の試作品をみんなで一気に飲む。試験管に入ってるんですが。一人だけ「う!うー!(笑)」ってなった人は、実験成功。その上、「悪魔から天使へ極上の贈り物と」して、焼酎3種「魔王への誘い」「大魔王」「魔王」が割引。

気がつくと、すっかり霊界のペースにはまっている。良くできたお店です。

取材する立場ってのは面白いです。普段とは立場逆転です。取材を理由に、いろんなことできそうな気がします。 

(2007年7月 平野幽霊)




ゆうれい居酒屋「遊麗」

東京都武蔵野市吉祥寺南町1-8-11 B1
0422-41-0194
http://www.yurei.jp/
http://k-sal.jp/yurei/(携帯サイト。特別会員割引あり)

JR吉祥寺駅、京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩2分


◆お店について

平野: 吉祥寺「ゆうれい居酒屋 遊麗」はどういったお店ですか?

まりも: 幽霊が(出迎え)、「うらめしやー」とか、「南無ー」 という言葉が飛び交う楽しいお店で、ご臨終してしまった仏様に楽しんでいただけるように儀式を行ったりするお店です。

ご臨終してしまった仏様??

来店された、お客様の事です。霊界なので。 一歩足を踏み入れた時に、御臨終ですね。何名様霊界入りデース!って。幽霊がお出迎えを。

入口の階段を降りてくる時に、死んじゃう? なにも知らずに来られたお客さんはびっくりしするのでは?

お出迎えの時に、ちーんって御鈴を鳴らして、うらめしやーって言うんですけど、その時に音に反応してク モが下りてくるので、それでビビる仏様が多いです。

ここの幽霊さんみんな明るいですよね?

ノリのいい幽霊が多いので、幽霊と仏様との会話っていうのも見受けられます。奥のほうでお料理を作ってくれるのは、閻魔様です。閻魔様。やさしいです。閻魔様のほか、閻魔大王もいて、普段お店にこない、神のような存在の方もいます。

後は、カウンターとかで、隣同士の仏様同士が仲良くなったりというのも良くあります。はじめてきた仏様に、常連さんが(霊界の事情を)教えてあげたりする事もありますね。アットホームです。





フード、ドリンク、デザートなど 、霊界なので変わったメニューがあるみたいですが?

霊界には生ビールは無いんですよ。「南無ビール」なんです。幽霊のオリジナルカクテルというものもございまして、大抵3名くらい幽霊が居るんですが、それぞれのオリジナルカクテルを振らせて頂きます。私だったら、まりもスペシャルを是非。まりスペです。(笑)まりスペだと、味もお好みで、おつくりします。甘め、辛め、ヤバめとご用意してあります。

ヤバめ…。 これは通な情報ですね!

あと、焼酎がお好きな方には、当店オリジナル麦焼酎があります。ご注文いただくと、お墓が並んでいるんですけど、お墓の中はボトルキープで。○○家のお酒 って文字がお墓に入ります。

墓石でボトルキープ…。 じゃあ、お料理は?

スペアリブの火葬焼きというものが人気で、閻魔様が仏様の目の前で火葬させていただくものでして。 目の前でやると迫力が違います。時々、仏様のテーブル全体がおおーって拍手になったりとか。 その歓声でクモが下りてきて、火がついちゃって、「あ、ジョンソン! ジョンソン溶ける!」って…。

ジョンソン?

あ、この(上から降りてくる)クモはジョンソンっていうんです。いちど、降りてきた時に紐が燃えちゃって、仏様の前に落ちたりとか…それもさも、パフォーマンスみたいに演じましたけど。(笑 )

他には、真っ赤な血の池スープとか、おばけコロッケとか、地獄の針山、死霊のはらわた…。あと、毒キノコグラタンとかあります。

それ、毒は大丈夫なんですよね?(汗)

いままで一応、仏様大丈夫だったみたいなので…。

まあ、仏様だから死にようがないか。

そうですね。 デザートだど雪女の燃ゆる恋。お召し上がり頂く前に、恋を燃やす儀式を行います。恋をしてる方におすすめです。綺麗に燃えます。

どんなお客さんが多いんでしょうか。

カップル、大学生、家族連れ(泣いちゃう子も時々いますけど)、入口がお化け屋敷っぽいので、それが気になるお客さんがきてくれます。閻魔様が寛容なので、お子様もOKです。幅広い仏様に来ていただいております。

霊界での、お出迎えからお見送りまで、幽霊が御案内いたします。人間界に飽きたって方は、ぜひ霊界に足を運んで頂いて、あなたも「遊麗」のとりこに!  初めてのときには、火葬焼きや、燃ゆる恋などまずは定番をどうぞ! わからなければ、なんでも幽霊たちに聞いてみてください!

毎日来られてる方もいますよ〜。仏様なのに、なぜか幽霊服に着替えてくれて。よく店員と間違えられたりしてます。(笑) 








◆まりも幽霊さんについて

まりもさんは人間界では何を?

幽霊学校3年生です。 幽霊学校いって、霊界で働いてますね。あんまり遊んではないんですけどね。人間界でも、わりとテンション高いです。昔、巫女さんのバイトもしたことがありますよ! 和服好きですね!




まりもさんのお名前の由来は?

人間界での名前の一部を取って、それとまるっこくてかわいいから!  幽霊の名前は、自分できめたり、閻魔様にきめてもらったり、仏様につけてもらった人もいますよ。

「遊麗」でのお仕事は?

仏様のお出迎え、お見送り、あと飲み物、食べ物、イベントのお手伝いなどですね。

きっかけは?

友達が、幽霊や妖怪が好きな人がいて、一緒に来たんです。ロシアンルーレットのイベントをやって、私、当たっちゃったんです。で、幽霊服を着たら、「凄く似合ってる! よかったらどうですか?」って。私も働きたいって思って!

まさに、運命ですね。当たらなかったら今、やってなかったかもですね。

あと、墓地から近いっていうのもありますね。 あ、墓地ってのは家のことですが。もう、2年半くらい前から御臨終です。

お店は三回忌という事で、3年目なんですね。一番古い人は?

いちごちゃんが一番なんでも知ってる幽霊さんです。腐ったイチゴを食べて御臨終しちゃった幽霊です。なんでも知ってますよー!

苦労やたのしいことは?

苦労は、そんなにないです。仕事に慣れてしまえば、あとはいろんな仏様と仲良くなったりお世話したりするのが、楽しいです。

仏様と接する時に注意していることなんて、ありますか?

遠すぎず近すぎず。(笑)でも、仲良くなったら凄く通ってくれたり、私もバンド見に行ったりしたこともありますしね。

霊感とかは?

ありません。たまに、霊媒師さんがこられるときがあって、(霊が)階段に座ってるとか、あのフレームに入ってるとか聞きました。「あなた、家にかえったら毎日肩を払ったほうがいいわよ」とも言われました。全然やってないですけど、大丈夫ですけどね。(笑 )あと、この間、テレビが3秒間くらい勝手に消えました。なんなんでしょう。






◆おばけ度チェック

まりもさんに、「おばけずかん」の人気コンテンツ、おばけ度チェックを試していただきました。おばけには、お化けらしさを決める5つの条件がある、という考えに基づいて作った質問です。最初の質問のみ10点、あとはひとつ6点で、あなたがどのくらいおばけ的か計算します。

まりも幽霊さんは、お化け度70点でした。 行動方面はかなりおばけ的ですが、まだ外見が人間的のようです。

全般

 どちらかというと夜型だと思う

条件一

 いつも同じ道を通って帰宅する。
 行きつけの店がある。あるいは喫茶店、映画館などで、いつも似たような場所に座る。
 金曜の晩にはデートをするなど、一週間の予定が安定している。

条件二

 誰とでもわけへだてなく話ができる。
 誰に対しても同じ態度でいようとつとめている。
 人見知りはあまりしない。

条件三

 「一方的にしゃべる人」だと言われたことがある。
 聞き上手ではない。
 自分勝手なところがある。

条件四

 独創的な考え方をする。
×
 あなたの気持ちはなかなか他人に分かってもらえない。
 何があっても我が道を行く考えだ。
×
条件五
 服装、化粧など外見がユニークである。
×
 「一度見たら忘れない顔」だと言われたことがある。
×
 人に強い印象を与えるほうだと思う。
×

判定: 

おばけ度70というのは、幽霊としては標準的な数字です。まりもさんは、いまのところ、幽霊として非常によく適応しているように見受けられます。これからも明るく元気よく、お店にやってくる仏様たちを楽しませてくださいね。でも、天使、宇宙人、ゾンビ、吸血鬼なども同程度の点数になりますので、万一幽霊として行き詰ることがあれば、キャリアチェンジを考えてみるのもいいかもしれません。口裂け女は、おばけ度100です。そのくらいを目指して進むと大物になれるでしょう。

(もちづきりん)



©2007 Obake-lalala.com. All rights reserved.